寺院紹介

寺院紹介

<< 一覧ページへ戻る

行傳寺

寺院名 行傳寺 山号 朝田山
通称
住職名 森田正道
院首
副住職
山内教師名
所在地 埼玉県川越市末広町2-4-2

大きな地図で見る
電話番号 049-222-2642 FAX番号
ホームページ  
E-Mail  
年中行事 「元旦祝祷会」はじめ幾多の行事を執り行っています
徳治元年(1306)熱心な法華経信者 荏原正安が設けた小庵を基に「池上本門寺」「鎌倉妙本寺」両山第四世大鷲妙泉阿闍梨日山上人の教化を受けた当地の豪族上田氏一門の多大なる外護丹精によって永和元年(1375)に「朝田山 行傳寺」と号して開創。日山上人の後継住職には、両山第八世大運阿闍梨日調上人。爾後も名僧知識が住職し由緒たしかな法燈を連綿と相続。創建の地は諸説あるが天文年間に川越城の一郭に所在。元和五年(1615)地域の大火で類焼し堂宇伽藍悉く烏有に帰す。大事態に見舞われて窮境に陥るところであったが城主をはじめ篤信者の庇護により直ちに現在地に移り復興円成す。
文化九年(1812)現本堂落成。“貴重な建造物”専門家こぞって絶賛。
年間700万超す人出で賑わっている当地川越。かつての佇まいが失せたのは残念なかぎり……。『参詣以外の立入お控えを!』とした立て札など見向きもせず、物見遊山の勝手気儘な人達、あまた突入! 芝生庭園あたり構わず入り込み、写真撮影に興じる等々、法要の妨げになる行為に及ぶ事もあって、その防御に腐心しているありさま……。
【宗宝 貴重な品々恪護(通常非公開)】
※事情あって〈朱印〉〈首題〉お授けしておりません。

▲ページの先頭へ戻る