各会紹介

日蓮宗埼玉県修法師会のおもな年間活動

<< 一覧ページへ戻る

会長ご挨拶

会 長 仁部 前崇

 埼玉県修法師会は、県内の修法師が会員となり構成しております。

 修法師とは、11月1日から翌2月10日までの寒中の百日間、1日2食の白粥をすすり、午前3時から午後11時に至るまで1日7回の水行と読経三昧の修行を成し遂げた僧侶です。

 当会では、移り変わる時代に対応し、「修法」による訴願達成に努めるべく、以下の行学研鑽を重ねていきたいと考えます。

主な活動

1.新年読誦会(1月)
 要品読誦・木剣手合わせ。

2.大祈祷会(2月・当年荒行堂成満僧を迎えて)
 青年会行脚・水行式・法華和讃奉詠・世界平和祈願式・特別大祈祷。

3.成満僧歓迎会(2月)

4.立教開宗読誦会(4月)
 要品読誦・木剣手合わせ。

5.初行入行読経考査(6月)

6.龍口法難会(9月)
 要品読誦・木剣手合わせ。

7.入行僧歓送会(10月)

8.その他
   修法・祈祷に関する会員研修会の開催。
   定期総会の開催。
   役員会の開催。
   全国修法師連合会への協力参加。
   全国修法師懇話会への協力参加。
   北関東修法師連合会への協力参加。
   埼玉県宗務所及び各会との連絡提携。

    

大祈祷会                                       読誦会

▲ページの先頭へ戻る