日蓮宗の教え

日蓮宗とは

名稱めいしょう 日蓮宗にちれんしゅう
宗祖しゅうそ 日蓮大聖人にちれんだいしょうにん
開宗かいしゅう 建長5年4月28日(西暦1253年・鎌倉時代)
本尊ほんぞん 久遠くおん本師釈迦牟尼佛ほんししゃかむにぶつ
題目だいもく 南無妙法蓮華経なむみょうほうれんげきょう
教義きょうぎ 日蓮にちれん宗はお釈迦しゃかさまの説かれた最高の教えで法華経ほけきょうをよりどころにする宗派です。
この法華経を身をもって読まれ、布教をせられた日蓮大聖人しょうにん宗祖しゅうそと仰いでおります。
本宗の教義は、法華経の魂をお題目にこめられた宗祖の教えに導かれて、私たちが信行しんぎょうに励みこの教えをひろめることによってやがて世界の平和と人類の幸福、ひいては個人のしあわせにつながる事を確信できる教えであります。
教典きょうてん 妙法蓮華経みょうほうれんげきょう法華経ほけきょう

日蓮宗の概要

 日蓮宗は、日蓮大聖人(1222-1282)を宗祖とする日本の伝統ある宗派です。

 日蓮大聖人は、妙法蓮華経(法華経)に説かれた釈尊の久遠のみ教えを深く信じ生涯を通じて実践されました。

 この日蓮大聖人が身命をかけて実践されたのが法華経の教え・南無妙法蓮華経のお題目です。お題目を私たちが一心にお唱えすることにより、法華経のみ教えへの「信」もより頑固なものとなっていくのです。すなわち、南無妙法蓮華経とは、法華経の説く真実に帰依することなのです。

 身延山久遠寺は、日蓮大聖人により1274年に創設された、日蓮宗の総本山です。日蓮大聖人が晩年の9カ年をすごされた身延山は、宗祖棲神の地と呼ばれ、私たち尊崇を集める最大の聖地です。そして、全国各地にある日蓮宗の寺院を包括している宗務院は、日蓮大聖人が教えを私たちに託し、ご生涯を閉じられた霊跡である東京池上にあります。

▲ページの先頭へ戻る