仏教豆知識教室

仏教豆知識教室

<< 一覧へ戻る

地方によってお盆の期間が違うのはどうしてなのでしょう。

現在、お盆は大きく分けて大体、七月十三日〜十六日と八月十三〜十六日で行うところが多いようです。そもそも、この日にちのズレは新暦(太陽暦)と旧暦(太陰太陽暦)からきております。

 今日のお盆では、ニュースでも「八月のお盆休み」という表現が定着し、お盆といえば八月と思っている人も多いと思います。しかし、埼玉県内のお寺さんの様子を見ましても七月にやるところや八月にやるところなどさまざまです。全国的にみますと、「三つ」のお盆の時期が見られます。「七月盆」「八月盆(月遅れ盆ともいう)」「旧盆」の三つがあります。

【下表・講談社刊『孟蘭盆経』をもとに作成】

  暦法 時期 代表的地方
@「七月盆」 新暦 七月十五日頃が中心 東京 横浜 東北地方 等
A「八月盆」 新暦 八月十五日頃が中心 全国的に多い。北海道 新潟 長野関東南部 関西地方 等
B「旧盆」 旧暦 旧暦の七月十五日頃が中心 関東北部 中国 四国 九州 南西諸島 等

@新暦重視型(東京など)
新暦に変更し、「七月十五日」という以前のお盆の日取りはそのまま使った。結果として、以前より早い時期にお盆を迎える事になった。東京では、「天子様のお膝元」(天皇が同じ東京に在住)ということで、政府の決めた新暦に従おうという意識がつよかったようです。

A折衷型(関西ほか各地)
新暦に変更はするが、元のお盆の時季になるべく合わせるため、日取りを一ヶ月遅らせて(月遅れ)、「八月十五日」をお盆とした。いったんは新暦七月十五日にしたものの、「梅雨空のお盆ではいまいちしまらないね」ということで、八月にズラした地域も。

B旧暦重視型(南西諸島など)
新暦に変更せず、いままで通り「旧暦七月十五日」をお盆とした。いまもご先祖さまを特に大事にすることで有名な沖縄は、先祖祭りの時期を変えることはできなかったようです。

 この様に、時の移り変わりと同時に、地域の事情もあり、お盆の形式や日にちもやり方も、変わって参りましたが、ただ一つ、変わらないといえば私たちがご先祖さまを思う心、これだけは子や孫へと変わらずに伝えたいものです。
(平成19年8月1日発行 弘道第29号より)

▲ページの先頭へ戻る